大阪市・堺市のお葬式は|家族葬専門葬儀社のCOCORO

家族葬のCOCOROでお葬式をお考えの皆様へ

火葬、家族葬のことでこんなお悩みはございませんか?

家族葬のCOCOROお葬式プラン

家族葬のCOCOROのプランには必要な物をすべてセットにした安心価格のセットプランです。

事例&よくある質問

葬儀事例やよくある質問のご紹介

お急ぎの方はこちらから

すぐに弊社の葬儀ディレクターが対応致します。ご安心してお任せください。
06-7508-1120
24時間365日

事前相談やお問合わせの方は

見積が欲しい・・・
事前の相談をしておきたいなど・・・
お問合わせ

よくある質問

家族葬のCOCOROへ多く寄せられるご質問です。

もしもの時、すぐに必要なものは何ですか?
慌てる必要はありませんが取り急ぎ必要になるものをご案内します。遺影として使用するお写真、印鑑をご用意ください。お写真はピントが合い表情がよいものを選びましょう。印鑑は認印でかまいませんがシャチハタは不可になります。印鑑は、市区役所へ死亡届を提出する際に使用します。
その他は、場面ごとの必要事項になりますので家族葬の葬儀,葬式,家族葬,直葬,火葬式,家族葬のCOCOROにご相談ください。状況に応じて丁寧にお手伝いいたします。
役所への手続きについてはどうすればよいですか?
火葬を行うためには、役所へ死亡届を提出し火葬許可証を取得する必要があります。この手続きは家族葬の葬儀,葬式,家族葬,直葬,火葬式,家族葬のCOCOROで代行することもできますのでご相談ください。火葬許可証は火葬が済んだ後、火葬済みの証印が押されて手元に戻ります。それが埋葬許可証として、後々お墓に納骨する際に必要な書類になりますので大切に保管しましょう。火葬場にもよりますが、収骨容器を覆う桐の箱の中に一緒に納められる傾向がありますので、火葬後に見当たらない時は、まず確認して見ましょう。
喪主は誰が行うのが良いでしょうか?
喪主はご遺族で協議して決定します。一般的には故人の配偶者、長男、長女という順番で近い方が務めます。配偶者や子供がないときは親兄弟が務め、高齢などの場合には実務を代役の方がサポートして行われます。迷う時には、家族葬の葬儀,葬式,家族葬,直葬,火葬式,家族葬のCOCOROにご相談ください。ご関係に応じて良い方法をご提案いたします。

ご関係が複雑な場合などは迷われることもあるでしょう。更に喪主と施主は違いがあります。喪主はお葬式の実務的な部分の代表となり、大きな役割としては参列者へのご挨拶・お礼状に名前が印刷される・出棺の時の挨拶などがあげられます。喪主の役割は分担しても行われますし、金銭的な面の代表となる施主を兼ねる場合も多くあります。
お寺など、宗教者への連絡はどうすればよいですか?
決まったお寺がある場合には連絡してご都合を聞き、葬儀日程の調整を行わなければなりません。
遠方の場合でも後々を考えて必ず連絡を入れておくと良いでしょう。その時に近くの同じ宗旨の僧侶をご紹介いただける場合もありますので、お寺(菩提寺)が決まっている場合には関係を保つためにも一報が必要です。

決まったお寺などがない場合に葬儀,葬式,家族葬,直葬,火葬式,家族葬のCOCOROでは、ご希望に応じて寺院などをご紹介いたします。実際に寺構えがあり、後々の法事のことなども相談できるお寺を厳選していますので安心してご相談ください。
親族や関係者への連絡は、いつしたらよいですか?
危篤時は必要と思われる方に連絡します。親戚や関係者には、ある程度お葬式の式場や日程が決まってから連絡を行うと良いでしょう。ご関係によりますので一概に言えない面もありますが、日程などが未定の段階でお知らせをするのは、混乱を招きますので滞りを避けるために調整しましょう。
お知らせを行う際にも、故人の交友関係に漏れがないか注意し、お知らせする箇所が多い場合には学校、会社、町内会、趣味の会などのグループに分け、各責任者に連絡を回してもらう方式をとるとスムーズに進みます。
亡くなった後は、どのよう流れになりますか?一般的なものを教えてください?
故人を一度ご自宅にお連れし布団にお寝かせするのが一般的です。病院などから故人を移送する車の手配やご自宅へ安置する人手が必要になります。この時に病院で車を手配してくれる場合もありますが、これをどこかの葬儀社が請負う場合も多く見られます。その後の段取りのこともありますので、葬儀を依頼する葬儀社が決まっている場合には、最初からお任せするとスムーズです。また、住宅事情などで自宅に安置が難しい時は家族葬の葬儀,葬式,家族葬,直葬,火葬式,家族葬のCOCOROにご相談ください。葬儀会館や安置施設などをご提案いたします。
亡くなった後、まずは何をすべきですか?
病院などで亡くなった場合、法律で24時間経過するまでは火葬ができないことになっています。
そのため故人の安置場所を取り急ぎ決める流れになり、自宅・斎場・専用施設などが主な候補としてあがります。この時に慌てることなく慎重に対応することが重要です。「一度は自宅に帰してあげたい」「利便性を優先して葬儀会館に直接連れていきたい」など、ご希望がおありでしょう。また、同時にお葬式をどこで行うかなど、全体の流れを通して最適な安置場所を考える必要がありますので、この時には専門的な情報が色々と必要になります。依頼の有無にかかわらず、もしもの時は家族葬の葬儀,葬式,家族葬,直葬,火葬式,家族葬のCOCOROにご相談ください。
一緒に付添いたいなどのご要望にも応じて最適なご提案をいたします。